shimamotoのジュニアテニス日記

ジュニアテニスブログです。中学生の長男Kと小学生の次男Hです。

いわゆる体作りは地域や生活習慣によって必要性が異なる可能性 小学生 中学生 硬式テニス

うーんうちは小学生の段階ではせんでもええかな・・・。

 

どうも、内容のわりにブログタイトルがスゴイ(笑)shimamotoです(^_-)-☆

いやよくですね。テニスは「体作り」から、みたいな話ってあるやないですか。なんといいますかトレーニングともなんともつかないような運動をしますでしょ?いろいろ体をコントロールする術みたいな。

 

で、あれってどうなんやろ?と思うところあってですね。

 

思うところとは何か、いいますと・・・。あの運動みたいなのは、世の中的には必要な子がぎょーさんいてるのはわかるんですよ。テニス以外の時間も無駄なく使っとって、習い事やら勉強やらいろいろ早期英才教育みたいなんやっとる中での。息抜きがゲームで運動はテニスです、みたいな。

 

そんな中で、テニス以外のいろいろな体の動きを体得したり、体力もつけたりしながら、テニスもやっていきましょーって。よーわかります。

 

一方でですねー。こうも思うんですわ。

 

いやうっとこの周辺の子らは休みの日は遊びの中で勝手にいろいろ動きや体力はこう、蓄積されとるような・・・?

 

ふだんスケジュール管理きっちりしとってテニスの中でトレーニングする、わかります。でも地域によっては、・・・、こいつら昭和の空き地に集まる子どもか?と思うような子らにはそこまで必要ないんでは???

 

ラダーとかメディシンボールとか用意していろいろやっとるけど、ホンマに体作り、動きのコントロール、こだわってやっとるところは少ないでしょ。そのレベルならそれ、必要ですか?みたいに思うことがあるんですよね。やるならちゃんとやればええんでしょうけども。

 

実はうっとこの通うスクールではほとんどやってなくてですね(笑)。タワシも自主練でも取り入れたことは無いんですが。近所でもスクール・コーチによってはやっとるとこはやっとる、まあなんといいますか、これが最新やで!みたいな感じでやることがあんねんけど、どうやろホンマちゃんとやっとるかいうと???なところもあります。

 

で、あるならば

 

必要性はケースバイケースなんではないか・・・

 

と、密かに思っとります(^_-)-☆

杉田選手の引退コメントから 小学生 中学生 硬式テニス

杉田祐一選手予定通り引退ですね。お疲れさまでした!!!

 

どうも、shimamotoです。

杉田祐一選手が引退されましたね。

news.tennis365.net

らしいコメントですなwww

 

杉田選手って、タワシのような昭和生まれにはとても参考になる選手やったと思うんですよね。体格普通、右利き、グリップもやや薄めでフラットドライブ系のフォア。タイミングの早いショットが武器。

 

これでシングルバックやったらホンマ少し懐かしい感じもします。

 

特に体格普通右利きグリップ薄めはその点だけを取ればshimamotoです(^_-)-☆なんで、shimamotoは実は自分自身のフォームをチェックするのに杉田選手を参考にしとったんですよねえ。フォアハンドだけですけど・・・。似とるかはわからへんのですけどもwwwいや似てへんのでしょうけどね(^_^;)

 

うっとこの子らがテニス始めた時にまだ一線やったんで、なんか時の流れを感じます。

 

今後はジュニア育成に携わっていくとのこと。

 

その杉田選手の引退コメントの中で、ちょっと気になった文章がありますので抜粋します。

 

「今から選手を目指す皆さんは本当に大変な道のりになると思います」

 

これはどういう意味なのやろうか・・・?

 

杉田選手のことやからご自身が真剣に悩み挑んできた道、それが大変やというのはわかります。そして、ご自身も苦しんだコロナ禍で頑張ってきたジュニアへのリスペクトも含まれていることやと思います。

 

が、shimamoto的にはもう一つ感じることがあるんですね。

 

こちらも引用します。

 

「自分を認めて可能性を信じて、自分はこんなプレーもできるんだぞ!という気持ちでプレーを楽しむことができればもしかしたらもっと幅の効いたプレーできたのではないかと少しばかり後悔の気持ちもあります。しかしながらもしかしたらこんな完璧主義な性格だからこそ、ここまでこれたのかもしれないとも思っています。(中略)これまでご声援頂いたファンの方々に限界のプレーをお見せできなかった事は大変申し訳なく思っており、多くの活動をしながらの最後となってしまいました。」

 

求道者のようなところのある杉田選手、きっと完璧を求め、出来ることを限界近くまでやってきたことと思いますが、やはり競技そのもののレベルも上がってきてしまっておるんでしょうね。これはおそらくテニスに限らず、スポーツに関わる皆様全員感じておられることでしょう。練習、トレーニングも科学的になってますし、早期から莫大な時間をつぎ込まなければその可能性すら見えないです。

 

それが、今から選手を目指す皆さんは・・・という言葉につながっとるのかなあ、と。

 

そしてそれらを踏まえての

 

「これからの選手、アカデミー生徒の皆さんに自分のできなかったことを押し付ける気は全くありません。彼ら彼女らの可能性を最大限高められるようサポートをしていきたく思っています」

 

こういう、選手個人にスポットを当てての結果・・・比較ではない育成、のような言葉、なのではないか?!と思いました。あくまでもタワシがそう思っただけですけど。

 

最近サッカーブログ読んどると余計感じるんですけど、昔やったら好きにやっとくなかで才能が見えてそれを磨く、いう流れやったと思うんですよ。でも今は、才能があるかないかはわからんけどとりあえずスタートから限界までやって才能があるってわかったらさらにもっと頑張る、みたいな。そんな感じかなと。なかなか大変な世の中です。

 

杉田選手の試合といえばこちらでしょうか?記念に貼っときます。

youtu.be

 

今までありがとうございました!これからのご活躍も楽しみにしております。

初めて自ら練習を望む 小学生 中学生 硬式テニス

今更といえば今更ですけども(^_^;)

 

どうも、shimamotoです。

いやホンマ今更ですんませんけど。

 

先日、ダブルスのポイント練習やっとって。

 

小5のHはサーブの速さにちょっと自信を持っとるんですけど、それが全然入らんかったんですね。

 

相手がまあまあのレベルの選手やったんで、たぶんバシッと決めて通用するか確認したかったんでしょうね。確かにふだんの練習ではそこそこは入っとるんで。

 

それが入らんかった。まあー、確かにこれは残念ですわ。

 

そしたらですね、「サーブだけの練習を1時間くらいやりたい」言いまして。

 

たぶん、ごく普通のご家庭では、だから何?って話やとは思うんですけど、なんとうっとこの兄弟で「練習をやりたい」という言葉が発されたのは今回が初めてなんですわwww なんせ練習嫌いですんでね。こんなんレゴ君とかタイラーちゃんとかずう君とかケイ君とか聞いたらホンマに驚くやろなア・・・。ちな長男Kからはいまだに聞いたことないですねwww

 

まあHの場合やりたいいうても、例えば今日、じゃあやるか?と聞けばおそらく「今日はええわ・・・」みたいになるんですけどねwww

 

いやこの件はshimamoto毛としてはちょっと歴史に残る出来事でしたwww

守りの姿勢 小学生 中学生 硬式テニス

最近ちょっと守備的やないか???

 

どうも、もちろん野球やれば守備もザルなshimamotoですwww

いやちょっとそのH(小5)なんですけどもねー。最近ようやく、ここで負けるわけにはいかへん!みたいな自覚が出てきたのはええんやけども・・・・・、

 

どうもテニスが守備的になっとる。

 

なんやろ、受け身いいますか、相手がミスするんやからそれまでつないどけみたいな姿勢があからさまな感じが。まあ意外と守備が強いタイプなもんで、前から格下相手にはあからさまなとこあったんやけど、年齢も上がってきたんでみんなミスも減りますし、さすがにそろそろマズイですよね。体格は悪くないんでボールも強いの打とうと思えば打てるわけですが、なーんかつないどけみたいなんはさすがにそろそろ。

 

それが気になったんで、ちょっと自主練を入れてみました。どんなシチュエーションがチャンスなのか、そのチャンスをどう叩くか、みたいなことに絞ってやってみたんですけど。

 

結果、その夜のグループレッスン。

 

うーん・・・なんでもかんでもぶったたけばええもんちゃうで・・・

 

あーーー・・・そこは攻めんとあかんやつやろ・・・

 

みたいな感じで結果にはあまり改善が見られんかったです(^_^;)

 

まあ、そんな簡単に結果は出んかも知れんですね。一応意識に変化は見られましたんで、もう少し続けてみたいと思います。

年上強い子とばかり練習させたがる親 小学生 中学生 硬式テニス

うーん面倒やな・・・・

 

どうも、稀代の面倒くさがりことshimamotoデス\(^o^)/

いやーどこにでもいてますでしょ?

 

たいした腕でもないのに我が子を年上・格上と練習させたがる親御さん。場合によっては選手自身もそうなっとる。

 

そのくせ、自分たちは格下と練習したがらんし、なんなら同世代や同レベルとの練習すらしたがらんいうか。むしろ同世代にはテニスさせたがらんとでも言いますか。損得だけ測っとる感じが。

 

考え方がセコイんよね。なんか近付いてこられてもイヤなんやけど。

 

shimamotoはわりとオープンマインドな方やと思うんやけど、この手の人達だけは苦手やね。take&takeばかり考えとるとでもいいましょうか。

 

あともう少し言えばそれでは強くならんよね。実際周囲みとっても、強い子とも同格とも弱い子ともやらんと、それぞれに対しての戦い方が身につかへんもんね。

 

大会出て強い相手だけに負けるわけちゃうんですよ。格下かと思っとった相手に負けられんというプレッシャーで負けたり。同格の選手に最後の一粘りの差で負けたり。そんなんもあるんでね。

 

確かによう練習しとるし、技術もありますねえ。でも、試合はそれだけちゃうねん。だからいつまで経っても自分より弱いはずの相手に負けんねん。

 

ま、それ続けたいなら別にええけど(笑)そのセコイ考えがなんかイヤなんよ。

 

他にもいろいろ様々なレベルでやるメリットあるけど、もうセコイおまんらには教えちゃらん!

バックハンドは両手か片手か?のような話がサッカーに存在する 小学生 中学生 硬式テニス

うーん意外やな・・・。

 

どうも、少年サッカーブログウォッチャーことshimamotoです。

いやまあその、少年サッカーブログですね。ここんとこハマってますでしょ、shimamotoが(^_-)-☆もうねカオスっぷりが結構なエンタメでして。

soccer.blogmura.com

 

そんで結構目にしたんがですね。ちっさい頃から両足練習がええのか?それとも利き足中心にして後に反対の足も育てていくような方がええのか?みたいな話なんですね。

 

テニスでいえばバックハンドは両手片手どっち的な話かな?という気もせんでもなく・・・。

 

で、これっておそらく「その人に合った方が正解」いうめちゃあいまいな話なんでは?と思うんですよね。

 

どっちにも成功例はあって、その逆に失敗例もあると思うんですわ。

 

************

 

そういえば、テニスのバックハンドもですね。ジュニアは基本、今は両手で指導されますよね。「どちらかというと数の上でトップ選手に両手が多い」のが今の潮流を作ってるんでしょうけども。ところが一定数、片手のトップ選手もおります。

 

で、shimamotoが見てて感じるところとしては、両手バックでなかなかうまくならん子は、そもそも両手に向いてへんのでは???いうことですね。

 

そんな時、片手を試してみてもええんちゃうか?みたいな。でも、実際は冒険になるからあまり見かけませんね。多くの場合、両手でなんとか見られるようにする、いう感じかなと思います。

 

もし自分がテニスコーチやったら、ですけど、両手で上手くならん子は、片手を試してみたいですね。おそらく、体のつくりであったり、ふだんの動きのくせであったり、脳の発達であったり、なんらかの要因で、向き不向きがあるんやと思うんですよ。

 

どっちがええとかではなくてですね。向き不向きがあるんではと。

 

バックハンドの話だけでなく、他のショットもそうですね。スタンダードはあるやろけど、絶対ではないんちゃうかなー、そんな時は試してみる余裕が欲しいなと。

 

****************

 

話を戻しますけどね。サッカーの両足片足論争も、似たようなもんやろと思います。脳の発達も、体のつくりも、「大体は」同じかもしれませんが、「ある程度は」異なるのが人間ですよね。ですから、数的に多くの人に通用するスタンダードな方法が、必ずしも全員にベストとは限らんわけで、だからこそどちらにも成功例失敗例があるわけですよ。にもかかわらず、それをこちらがゼッタイや!みたいなことをいう人は、たぶん・・・単なる負けず嫌いなんですわ。まあそれはそれでスポーツには必要な要素とは思いますけど・・・。

 

サッカーブログはなぜか、ブログ同士で戦っていたりしてなかなかのカオスっぷりがめちゃエンターテイメントで、書き手の方がそれを意識しよるんかはわからんのですが、なかなか盛り上がってますねwww

試合後の報告 小学生 中学生 硬式テニス

いろんなコーチがいてるなあ・・・。

 

どうも、ふんぞり返り系のコーチは好きやないshimamotoです(^_-)-☆

大会行くとですねー。コーチが来てたり来てなかったりいろいろありますけども。

 

コーチの中に、こう、自身が椅子にふんぞり返って子どもに気を付けの姿勢で報告をさせるコーチ、みたいなんがおるでしょ。

 

どうなんかなー・・・と思ってですね。

 

タワシ的には、報告をするんではなく、相談をするという形の方がええのではないかと思ってまして。

 

え?同じやろって?いやあ・・・ちょっとちゃうんではないかと・・・。

 

なんか偉そうに椅子にふんぞり返って報告を聞いてダメ出ししまくりみたいなコーチって、なんとなくコーチらしいことやっとるように見えるんですが、実際の選手に与える影響としてはどないやねん?次の試合に効果あるんか?

 

ってちょっと疑ってかかってしまうとこ、あるんですよねー(^_-)-☆

 

それより、同じチーム、戦う仲間としての目線で話をする方がええんちゃうかなーみたいな。

 

え?だからそれ、同じことやろって???

 

いやだからですね、まあなんというかその・・・ちょっとちゃうように見えるんですよねー(^_-)-☆

 

大体にしてなんか・・・報告しに行ってまるで怒られとるような形になった場合に、その次の試合ですごい動きがよーなった!って事例はあまり見かけたことが無いんですよねえ・・・。

 

子どもにもよるかも知れんですけどねー。

 

どうなんやろねえ???

 

ちなうっとこのコーチはそもそもあんま来ないですねwww ま、それについてもいろいろ考えるところはあります(^_-)-☆ネタとしていつかwww

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。