shimamotoのジュニアテニス日記

ジュニアテニスブログです。中学生の長男Kと小学生の次男Hです。

地域大会出場するのにいつまでにテニスを始めればええのか 小学生 中学生 硬式テニス

ふーむなかなか相当な差がありますなこれは。

 

どうも、shimamototakatoshiです(*^^*)

テニス始めるなら◯歳までに!!!

 

とかいう話、皆さん聞いたことありますよね??

 

この、「◯歳までに」は、目標をどのへんに置くかで一つ変わっては来ると思うんですね。「ツアープロ」ならばよー言われるように就学前、早ければ早いほど、かなあと思います。国内で活動のプロでも、同等か遅くとも小学校1,2年くらいが限度のように思います。が、賞金とは別の方法でテニスで食ってく、みたいな話になるともう全然別の感じになってきて、例えばコーチ業なら多分高校部活や大学でスタートでも出来るやろし(教えんのは上手くないとあかんですけど、なんで別の勉強が必要かな)、YouTuberとかやともう、切り口次第では社会人スタートでも食える人は食えるんちゃうか?!とか思いますもんね。

 

で、翻って小学校でテニスを始めます、言うたときに。そんなずーっと先の目標ちゃうくて、自身が出場するような大会の目標って、ありますよね。そんで親御さんも、ああ、全国大会とか行って自分の子がプロになったらどないしょうかな?!みたいな妄想を、素人ほどすると思うんですね。で、その全国大会とか、その前に地域大会。

 

ここで、すっごい地域差があるいうことに気づいたんですよ。

 

全国大会、地域大会(関東大会、とか関西大会、とかです)出場が目標のジュニアって多いと思うんです。特に、地域の方はまず全国より先に出んとあかんわけですから、自然と目標に入ってきますよね。

 

ところがそこでですね。

 

例えば「神奈川県でテニスを始めて小学生のうちに関東ジュニアに出る」いうならば、おそらくこれ、出来れば就学前、遅くても小学校低学年にはテニス始めとらんと難しいいいますか、まるでプロになるくらいの勢いやないとなかなか難しいですよね。なんで神奈川か?いうたらコレなんですけど。こちらの書籍で昨年引退された関口選手のジュニア時代の熾烈な神奈川時代触れられとるもんで。

 

 

でもこれが、東北とか北陸とか四国とか沖縄とかやと、県によっては「小学校高学年から始めても場合によっては◯◯ジュニアに出られる」みたいなこともありうるんちゃうかと思うんですね。

 

というのは今回、shimamotoはいろいろな都道府県のテニス協会さんのドローとか見させてもろたんですけども。

 

差が大きい!!!ホンマ、選手が1桁しかおらんようなとこもあるんやね!!!さすがに驚きました。しかも隣り合った県で、方や32ドローくらいあんのに、方や8ドローみたいな、何がおきとんのかよーわからんようなこともありますね。ほぼ人口とか変わらんのにですよ?!

 

そんで、実はここで言いたいことは、過疎地は地域大会出るの楽でええなあ(´_ノ`)y-~~、とかそんな話ではないんですね。

 

そやなくて、YouTubeとかブログとかSNSとかとにかくネットで、「地域大会狙うには就学前から始めて出来るだけ迅速に選手コースへ」みたいな話が。都市部の限定的な話であって。

 

それ以外の地域やと、何歳から始めても十分出場の可能性があるんや!!!いうことなんですね。

 

これって結構、大事なことちゃうかなあー。皆さん今、ネットで色々調べるのが当たり前やと思うんですけど、さっと調べて終わりの人も居れば、相当突っ込んで調べとる方もおるでしょう?

 

さっと調べて、「あーテニスは今からやってもしゃーないな」みたいに思った方、そやないんです。いつ始めてもええんですよね。

 

あちこちのテニス協会調べたshimamotoは、今日はちょっとそれをお伝えしたかったです(*^^*)

ブログ開設して3年石の上にも3年 小学生 中学生 硬式テニス

なんやらはてなさんからメールが送られてきよってですね!

 

どうも、shimamotoです。

いやあのですね。つい先ほどのこと。こんな感じのメールが届きました。

おめでとう!いうことですね。

 

そんで、前に送られてきたのがこちらです。

わかりますか?!皆さん!!!

 

 

 

 

・・・

 

 

同じやんけ!!!

 

まあそらそうですわな(^_-)-☆

 

shimamotoのジュニアテニス日記 を開設して3年が経ちました

はてなブログをご利用いただきありがとうございます。shimamotoのジュニアテニス日記 を開設して3年が経ちました。

はてなブログではしまもと(id:shimamototennis)さまのブログライフがより楽しいものになるよう、これからもサービスの向上と改善に努めてまいります。

「書き残そう、あなたの人生の物語
はてなブログを、これからも、どうぞご利用ください。

 

なるほど。もう3年も経ちよったんやなあ・・・。これ全て読者の皆様と、子ども達のおかげやねえ。で、2021年の5月17日ってshimamotoはイキナリ記事を8つも投稿してんねんなwww いや何考えとったんやろ?!

 

最初はこんなに文章が短かったとはwww

kodomonotennis.hatenablog.com

 

(´_ノ`)y-~~ 今年はKが中学校最終年、Hが小学校最終年ですよホンマ早いもんや・・・。

 

石の上にも3年といいますが、まあ3年経ったからどうや?!いうことも特にないんですが・・・いや、でも子どもが地域大会行くことになったり、それなりに変化はあったんやなあ。たまにブログに頂くコメントやったり、他のブロガーさんの記事やったり、いろいろ楽しいこともありました。

 

でも親がブログを書いて子どもがテニスが強くなるわけではないので、その辺はアレですけどね。元々、小学生の間の記録、いうことで始めたもののようなんで、とりあえず今年度の終わりまでは続ける所存です。

kodomonotennis.hatenablog.com

 

そのあとはどうなるかなー。今はわかりませんね。

 

今後ともよろしゅうお願いいたします。<m(__)m>

ティームの引退とかで 小学生 中学生 硬式テニス

ティームってファンの多い選手やってんなあ!!!

 

どうも、ファンの少ないshimamotoです(^_-)-☆ 扇風機の方ならそこそこ持ってますけどもね・・・。

いや少し前からブログ界隈で「ティーム引退」と「ティームが全仏に出場できない」が話題になってまして。

tylertennis.hatenablog.com

ranmarubell.hatenablog.com

特に、全仏で見たかった!いう意見が多いようですね。ワイルドカードの内容も相俟って、ティームでれんとかなんでやねん!!!みたいになってます。ティームって全仏で2回準優勝しとって次世代クレーキングって言われとったんです。

 

ドミニク・ティーム。実はshimamotoも好きな選手の1人です。なんでかいうと、実はフォアハンドのテイクバックがうっとこ長男はソレ系なんですわ(同じ理由でメドベも好きです、ちな次男は顔がメドベ似なんでメドベはshimamoto毛では応援されとる選手なんですわwww)。現代テニスでは数少ないシングルバックハンドもshimamoto世代からの人気の理由の一つやったんではないでしょうか。

kodomonotennis.hatenablog.com

そんなんで、実はティームがなかなか復活できへんでおるのを歯がゆい思いして見とったんですね。他にも怪我した選手は多々おれど、結構戻せた選手もいてるやないですか?そんな中ティームはどうもうまくいかんかったいいますか・・・。やっぱり手首は難しいんやろね。

 

news.yahoo.co.jp

手首の怪我の再発。これが直接の今季で引退を決めた理由やね。

 

全仏の件はいくらなんでも?!ってくらいにワイルドカードでフランスの選手が入っとって、まあ多少入るのはわかるんやけどどう考えてもやりすぎやん!!!ってのが非難の対象となっておるようですね。何と言いますか、テニス協会とかも、なんかすごい人がやっとるから正しい判断できるやろ!って思うとまさかまさかみたいなことありますよね。これ、世界的に著名な協会ですらそうなんで、いわんや日本の都道府県のテニス協会をやですよ。ジュニアの保護者の皆さんお気をつけあれ。

 

(´_ノ`)y-~~

 

ティーム!!!怪我する前に全米取れてホンマよかった・・・。

 

プレーもう少し、見させてください(^_-)-☆

第42回 第一生命全国小学生テニス選手権 関東予選 小学生 中学生 硬式テニス

いやあ、今眺めてんねんけど。なかなかオモロイ感じのドローになってますなあ。

 

どうも、永遠の傍観者ことshimamotoです(^_-)-☆

いやあ、ドローがですね、出とって。小学生大会は地域大会がわりと早く行われるんでね。

 

で、関西はアレかなって思いますけども。関東もね。知っとる子が数名出とるんよね。

 

こうして今思うのはですね。結構、計画的にやれば地域大会まではそこそこ、狙えるんやいいますか。なんでかいうと、その子らのこと数年前(当然のことながら当時は大会早期敗退)から知っとるとですね。

 

わりと出とるなと。

 

出られるかどうかって、数年前は誰もわからんわけですよね。で、わからんけど出よう思って頑張ってやっとるわけですが。

 

特に女子は今、選手が減ってもうたんで、早くから(多分小1くらいなら)計画的に頑張っていけば、U12くらいまでは一般的に想像されとるよりは結果が出るんやないかな、と。男子はそれよりは選手が多いんで、そうもいかんかも知れんですけども。

 

そっから先は、もう体の作りとかが関係してきますよって、もう努力だけではわからん世界かと思います。背が伸びるのか、太りやすい痩せやすい、筋肉つきやすいそうでもない、怪我しやすいそうでもない、ここは気を付けとっても難しいんではないかと。

 

U12までは努力次第、以降は大人の計画が上手くいった中でさらに体などで運のよい選手が伸びてくる、場合によっては一部で逆転もある、そんな感じなんではないですかね。

 

何がいいたいかいいますと、テニス始めて「うわー地域大会とか遠いなー」って思っとるよりは近いんちゃうか?いうことなんです。逆に「地域大会くらいは簡単やろ」って思っとると遠いんですけどね。そんな感じの距離感なんちゃうかなーと。

今流行らんからこそテニス 小学生 中学生 硬式テニス

どうも人気が下火やねえ(´_ノ`)y-~~

 

どうも、いつもだいたいのことにおいて下火な感じのshimamotoです(#^^#)

いやあーなんやろね、こう。

 

テニス人口ね。

 

減っとるやんけ!!!って。

これ見て欲しいんですけども。アンケート調査助かりますわ。

mama.chintaistyle.jp

ちな

【調査概要】
調査期間:2023年12月21日〜12月25日
調査機関:ママソレ編集部さん
調査対象:スポーツを習っている・またはスポーツクラブ(スポーツ少年団)に入団している小学生までの子どもを持つ親さん
有効回答数:300人
調査方法(集計方法、算出方法):インターネットによる任意回答

です。

 

で、男子。

水泳 65/161 実に40%超!!!

サッカー 47/161 29%超!!

体操 31/161 19%超!

野球 26/161 16%超!

テニス 2/161 約1.2%

 

は?????まあ水泳は生きる術なんで別としても

 

サッカー29%

テニス1%

 

は???

 

柔道と同じ。空手の1/5。

 

(´_ノ`)y-~~

 

で、思うんですけど、減ってるからこそ今、テニスかも?!みたいな。

 

増えとるスポーツやと、こう、今はええけど、10年経った時にどうか?いうたら、現状維持か下がるか、ですよね?

 

でも、今下がったもんは、いずれ上がるんですわ。株価みたいなもん。

 

なんで、今こそテニスかも。って苦しい感じですかね(^_^;)

 

さてこの国内のテニス人口が減ってもうた要因なんですけどね。

1:日本人トップ選手たちの休養

錦織圭選手、大坂なおみ選手ですね。これは大きかった。彼らの責任ちゃいますけどもね。錦織選手の怪我、大坂選手のメンタルの不調、ともにプロテニスツアーとは何かいうところから考えなあかんのちゃいますかねえ。

2:コロナ禍

いうまでもなく直撃しましたよね。スポーツなんかやっとる場合ちゃうやん!みたいな雰囲気、一時ありましたもんね。

3:不景気

これはよーわからん、shimamotoが不景気なだけ?円安で困ってへんのかな?いずれテニスはよう金のかかるスポーツでもありますし、他の事やって欲しいみたいな感じはあるんかなと。

4:学歴偏重主義の復活

詰め込み教育間違いでした→ゆとり教育も間違いでした→やっぱり詰め込みry今ココ

みたいな感じで、中学受験でしたっけ(´_ノ`)y-~~ まあテニスも一緒やけど、競争競争でタイパの時代で。勉強に注力しとるんはあるかなと。

 

が、正直1以外の理由は、サッカー等との差を説明は出来んのよね。

 

shimamotoがテニスに関わって思うこととしては、なんやら競争ばかり煽られて息苦しいないうことと、コーチや保護者が変な人多すぎてお付き合いが疲れるいうことですかね。

 

保護者はまあ子どもの習い事、特にスポーツやと直接対決とかあるから、そうなるんやろかね。

 

が、とにかくアレですわ。

 

テニスは一人一人がホンマに主役のスポーツ。あんな長いこと舞台に立てるって他あんまりないんですよ。そういう意味では大人の初心者でもオモロイ。

 

やりましょう(^_-)-☆(英語でいえばLet' play tennis!)

地域大会に向けて・・・か 小学生 中学生 硬式テニス

うーむ・・・どないしょ???

 

どうも、地域大会は遠出になりそうなんで楽しみなshimamotoです(^_-)-☆

いや楽しみなんはええんですけどもね。Hですよ。

 

実は・・・うっとこのスクールは・・・そんな地域大会とかにあんま対応してへんいいますか・・・。いや対応してないはおかしい言い方なんですけども、なんせ田舎なんですんでね。

 

一般的に、一定以上の人口のおる都市部の強豪スクールは育成コースがしっかりあって、選手も多くて、どの選手がどんな大会に出ようと、スクール内でマッチ練組むのに困ることとかあんまりないわけですよ。うっとこの都道府県かて、そこはそうですわ。強豪スクールの子らは多分、さほど困っとらんと思います。

 

ところがまあ、うっとこは田舎の中の田舎なんですよ(だから夜テニスやると虫取りになってまうんですな)。そりゃ一応は選手コースなくはないんですけども、強豪スクールみたいにフリーで通ったり出来へん(その設定がないしコマもない)し人数もおらん。だから上の子らで地域常連選手なんかは、ご家庭のサポートがしっかりしとって、複数スクール組み合わせとか、遠くまで草トーに行ったりとか、ホンマちゃんとやっとったようです。

 

うっとこはなんとかこれまで自主練で対応してきたわけなんですけども。自主練いうてもそんな増やされへんしね。特に難しいんが練習試合。

 

いや・・・練習試合せんとあかんやろって・・・わかってはおるんですわ。わかってはおるんですけども・・・。

 

ちょうどええ相手が難しい。いつもの友達とやるくらいで、これまでとなんの違いもない( ´∀` ) 都会の方にはわからんと思うねんけど、そもそも草とかも、あー日曜日のスクスク探そうとかそんな地域ちゃうんですわ。うち、山の中なんよ・・・。

 

長男やとボールの質が違って、U12クラスの大会の練習には微妙。背も高くてロブの高さも合わん気が。タワシも同じ。ちなタワシやともうHに負けるし。

 

いやマジで結構、難しいですわ。環境を作るのが。貧乏かつ怠け者のshimamotoには激ムズ!!!

 

テニス人口さえ爆増してくれればすべて解決すんねんけどなあヽ(^。^)ノあと住んどる地域の人口も・・・

 

この悩みは今後数年は出るやろから、なんか考えんとなあ・・・。

ジュニアのシューズの考え方 小学生 中学生 硬式テニス

ラケットに比べるとシューズは価格的な選択肢が広いのう(´_ノ`)y-~~

 

どうも、貧乏金なしのshimamotoです(^_-)-☆

で、シューズなんですけどもね。

 

ラケットってだいたいこう、価格帯がこう、談合されとるかのように大体の希望小売価格とか決まっとるところあるやないですか。もちろん実際の販売価格は型落ちとかになればかなり下落したりいろいろありますけども。まずおおよそは、決まっとる。というのは、ラケットの場合は打ち合うボールがイエローであれば、子どもでも速いボール打ち返したりするんで、そこそこの強度が必要なんやろなと思います。

 

ところが、シューズです。コートに合わせなあかん(オムニ・クレー用、オールコート用、カーペットコート用)ので種類も結構出とるし、価格も差があるんですねー。

 

で、うっとこは大体が人工芝(オムニ)なんでそれに合わせてほぼほぼ安定のヨネックスのエントリーモデルにしとるんですけども。

 

これが安いわけです(^_-)-☆

 

なんで安いのにしとるか言いますと、さほど練習やっとらんうっとこの場合、シューズが壊れるより先にサイズアウトするからなんですわ。

 

やっぱり子どもの靴ってサイズアウトしますやろ?

 

それと子どもも小学生くらいやと、体重が軽い!!!からですね、U16とかに比べると全然問題なくまあ、普通ので大丈夫なんですわ(うっとこくらいのレベルの場合ですよ、毎日熱心に練習やっとるご家庭は別です)。

 

これが年齢重ねてくると事情は変わってくるわけですよねー。体重が増えますからね、飛躍的に。当然シューズにかかる負担が半端じゃないんで。

なんで、年齢が上がると、これはもう練習強度が低くてもですね、サイズアウトがあろうがなかろうが、そこそこの価格帯の物から選ぶほうがええように思います。

 

実際、うっとこの場合でいえば長男より次男の方が練習は多いですが、長男のシューズの方が先に傷みますもんね。

 

まあこれはあくまで金のないshimamoto毛での選び方でっから、もっと予算のある方はお子さんの足のことを考えても、最初っから最後までお金に無関係に合うのにしとくのをお勧めしますけどもね(怪我するよりよっぽどええですからね)。

 

まあいずれこの年齢による条件いいますか、この辺の変化の仕方が多分、ラケットとちょっと違うかなあと思っとります。

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。