shimamotoのジュニアテニス日記

ジュニアテニスブログです。中学生の長男Kと小学生の次男Hです。

抜きつ抜かれつ 小学生 中学生 硬式テニス

思えば遠くへ来たもんだ・・・(´_ノ`)y-~~

 

というほどはテニスに関わってへんshimamotoです(^_-)-☆

まあでも言わせてくださいよ。もうなんやかんやと2年半もブログ続いとる!ん?たった2年半なんや?!いやそれもなんかそう思われへんなあ・・・?

 

次男のHはブログ始めたての頃、ようやくグリーンにデビューしたとこやったんですね。当時小3やったな。そんで、幼稚園から始めとった子らのプレー見てうわーと思っとったもんですよ。

 

で、そこから2年半。実力でいえば何人かは抜き、あるいは辞めた子もおり、そうかと思えば後から始めた子に抜かれたりもありましたが。

 

今思うんは、うわーめっちゃ差がある!と思っていても意外と縮まることもありますし。よっしゃー差あつけたで!なんて思っとっても、あれって感じで追いつかれることもありますし。

 

子どもの成長って早いんで、小学生の段階ではよーわからんなということですね。

 

ただ、シードとか取れへんと大会では大変なんで、その意味ではHは今年度の後半あたりは少し楽になったし、はじめの頃に頑張らなあかんいうのもわかります。

 

なんやろ。こう、ホンマ全国区での活躍を目指すんやったら、ちっさな頃から頑張ったほうがええのは確かですけど、子どもはみんな未完成なんで誰でも2,3年あればだいぶ変われるのもまた確かで、小学校高学年くらいで頑張れれば、運動神経とか普通の子でも、上位に迫れるくらいにはなるんやなーというのが今の実感なんですね。

 

以前にも書いたんですけど、例えば高校レベルで全国大会などで活躍する子たちの身長というデータから演繹的に考えるならば、たいていのスポーツは努力で都道府県上位は行けると思います。明確に才能が関係あるんは、ホンマにトップのトップ、そんな所の争いやと思うんです。でもほとんどの子は、そんなん考えてないと思うんです。それなら、誰でも、ある程度頑張れば十分楽しめる。

 

抜きつ抜かれつshimamoto毛はテニスを楽しみながら、そんなことをつらつらと感じております(^_-)-☆

手打ち 小学生 中学生 硬式テニス

うーむ・・・これはあかんで!!

 

どうも、shimamotoです(^_-)-☆

ちょっとこう・・・フォアですけど。次男のHが。

 

あれ、”手打ち”ってやつかも知れへんなあ・・・・・???

 

なんやろ、最近練習をみとると、なんやらこう。気になったんがですね。Hの手打ちですわ。センターへの戻りの意識の関係か、外のボールに対してちょいっと打って戻る的な動作を繰り返しとったんですが、それがちょっと癖になっとるように見えるんですわ。

 

戻る意識はええんですけどね。足を使って行って戻るは確かにしんどいやろね、そんでナマケモンやと自然と、外のボールは体は中に残して、ちょろっと手を伸ばして打つ、なんならそこでスライス、みたいになりやすいんですわ。

 

で、shimamoto毛はナマケモノから進化した特殊な遺伝子が入ってますからね。どうしてもこう、手打ちになりやすいなと。

 

改善するええ手立てはありますかねえ???

 

ちな日本語における「手打ち」は、「確執を取り払って和解すること、不和を解消すること、という意味の慣用表現」であって、手でちょろっと打つの意で使用しとるんはテニスだけ、いうことを付け加えておきます(^_-)-☆

ベルクマンの法則 小学生 中学生 硬式テニス

うーむこうなったら北海道に移住しますか・・・。

 

どうも、今からじゃ遅いshimamotoです(^_-)-☆

今日はちょっと自分とこの子どものネタもなく。ネットで気になっとったことについてですね。背の高さに関連して・・・。

 

ご存じでしょうか?ベルクマンの法則。動物は寒い地域の方が大ききなりますよー、いうやつですね。

「恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど体重が大きく、近縁な種間では大型の種ほど寒冷な地域に生息する」。体温維持のために体重と体表面積の関係から生じるものである。とのこと。ベルクマンさん、1847年にもう、このことに気付いとったんですね。

 

で、これ実際、日本でも起きてまっせ、とは結構言われとる。

世界各国の平均身長(男性):スクスクのっぽくん - Part 1000

都道府県別!日本人の全国平均身長一覧:成長の専門家スクスクのっぽくん

 

まあ寒さ暑さだけちゃうやろとは思います、経済的なことやったり、子どもの成長に対する理解度やったり、食事の傾向やったりもあるでしょう。都市部なんかはそれかと。でも総じて言えるのはやはり暑い地域より寒い地域の方が、背、高い。

 

そういえば大谷翔平ほか岩手県出身の超絶野球選手軍団、みんな背え高いですね。まあこの表で見ると石川とかの方が高いようですけど、いずれ全く無関係いうことはなさそうです。いっそ岩手県いったろかwww

 

昨年はクマ騒ぎが各地でありましたけど、北海道のヒグマのデカさは本州のツキノワの比じゃないですもんね。ま、あれなんかは種そのものがちゃうけどホタテとかも北海道のはデカいですよねえ。

 

とはいえ雪が降れば練習も出来へんやろから、雪が降らんで寒いとこがええですねえ。今年はこちら雪で困ったのに、聞けば東北は雪がないそうな?!

 

まだ2月なのにこの陽気、今年も猛暑の予感がする2024年。地球沸騰と言われる昨今、これからは北の時代なんやろかね・・・。

 

あっ!もしかして、薄着で過ごせばええのでは・・・???

BREAK BACKの魅力 小学生 中学生 硬式テニス

いやーやっぱブレバオモロイなwww

 

どうも、shimamotoです(*^^*)

いや今更なんですけどもねえ。BREAK BACKなんですよ、KASA著!このテニス漫画、売りはプロ登録選手KASA先生が描かれた本格テニス漫画いうことなんですけどもね。

 

もちろんテニスのことはオモロイんです。今までのテニス漫画より現実的ですし。高校の部活が舞台で、限られた時間の中で何を捨て何を取るか、みたいなのが明確ですね。テニス漫画はどれも好きですけども、shimamoto的にはこのBREAK BACKが一番好きですね。

 

で、テニスのこともオモロイんですけど、shimamotoが特にオモロイなと思うところってこういうところなんですよね。ちょっと、わかりやすいコマを抜いてみましょう。15巻です。

BREAK BACK / KASA著

 

これ、感動しつつも、爆笑しませんか?でもやっぱり感動なんですわ。

 

これは9年と3ヶ月、練習試合すら勝ったことがなく、今回の大会でも頑張っとったけど負けていた丸山が、人生で初めての勝利をしかも重要な公式戦で飾ったときの一コマです。左がスポーツ万能テニス素人五十嵐、真ん中がテニス歴9年テニスオタク丸山、右がビッグサーバー優等生テニス素人の河野です。

 

この左の五十嵐。彼はスポーツ万能のモテ野郎で、テニスを始めて数日で9年の経験者の丸山を抜き去ります(丸山は弱い)。とはいえ2人は練習試合で生まれて初めて丸山が勝利を手にする寸前まで行ったので、丸山はそこまでの差は感じておらず、まあいわばライバルであり友達です。

 

そして五十嵐も、ふだん丸山のことをバカにしつつも、熱いとこは結構熱くて、ホンマ親友みたいなとこもあります(本人に言うたら五十嵐キレますけどww)。

 

その五十嵐が、丸山が苦労に苦労を重ねて掴んだ、生まれて初めての勝利の瞬間に掛ける言葉。

 

「俺は絶対に負けると思ってたぞ!!」

 

・・・え?!みたいな。で、爆!みたいな。で、じわー、みたいな・・・。

 

いやー、素晴らしい。これ、五十嵐はこういうキャラなので、このセリフでええんです。ええんですが、漫画の中で、なかなかこういうシーンで、こういうセリフって言わせられんでしょ。このセリフにツッコむキャラも全くおらんのですよ。それもすごい。なぜならツッコめばギャグで終わるわけで、ああ最初からそういうつもりねで誰もが納得するステレオタイプツンデレくんみたいになるんですけどそうではないんです。五十嵐は、まじでこういうキャラなんですわ。

 

こういう、キャラのブレなさがすごいリアルでええなあと思います。これ、読んでへん方やと、五十嵐がなんか空気読めへんちょっとアレな子に見えるかもしれんのですけど、読んどるとこの「俺は絶対に負けると思ってたぞ!!」が、すごい親友の喜びの言葉に聞こえるのがまあこれはちょっとすごいなと。

 

他にも、監督の上条紗季の作戦ですけど、たしかにすごい当たるし選手もそれをやることもあるんですけど、間違えてやらんこともあるんです。そしてやらんかったのにポイント取ることもあって、こういうとこが漫画らしからぬリアリティがあってオモロイなあと思いますね。同じ監督モンでも、某◯◯◯ボール漫画みたいに初めから展開決まっとるいうか、監督の罠にハマることろから逆算して描かれとる漫画とは全くリアリティがちゃうなと思うんですわ。

 

それからこんなんもなかなかすごいです。

BREAK BACK / KASA著

ここ、何がすごいかというとですね。

 

これって野球でいうところの、バッテリー間の会話・・・ピンチのときにキャッチャーがよってってラーメン屋の話をする、みたいな感じやと思うんですけどね。髭の男が相手チームの監督、サンバイザーが百瀬いう元ソフテニチャンプです。

 

で、ここでこのような会話がなされたのは、流れ的に監督が百瀬をリラックスさせようと思ってということなんやと思うんですが、

 

ここまで大ゴマ使って描いといて、このあと、百瀬にはマジで伝わらんかったかのように描かれとるんですね。いうか、伝わったかとかどうかが、そもそも重要視された描かれ方をしとらんとでもいいますか。

 

なんで読者も実際、それが伝わったんか伝わってないのか、読んどってもわかりません。

 

ただ、百瀬と監督の信頼関係だけは、わかるんですよ。

 

で、こういうのって、漫画とか映画とかの作品ではもう少しわかりやすく処理される場合が多いと思うんですけど、この漫画では一切そういうのないんです。

 

キャラが行ったことが失敗したら失敗。もちろん成功することもありますが、成功とも失敗ともつかずただなんらかの影響は及ぼしたかも?みたいな曖昧なことも多々あります。

 

こういうとこが、何度も楽しめるなあと思うんですよね。深いなあ・・・としみじみする珍しい漫画です。全巻買うべきです。マストバイ???いうんやったかな???

 

 

 

マジで皆さん、BREAK BACK!!ブレバ読みましょう\(^o^)/

テニスの良さを再認識 小学生 厨学生 硬式テニス

うーむ・・・やっぱりテニスがええかな・・・。

 

どうも、shimamotoです。

いやー・・・( ´ー`)y-~~

 

なんやらこう・・・なんですか・・・こう、やっぱテニスで良かったかな、みたいな。

 

サッカーはやっぱりレギュラー争いとかなんか大変ですね(^_^;) あとはチームでやっとるから保護者がコーチで入ったときに、賛否両論あるみたいで。そんなん保護者だろうが職業コーチだろうが、人となり次第やろと思うんですけど、すっごいなんかこう・・・それぞれのご経験からくる思いがぶつかって大変そうやなと。

 

あとチームメイトのリスペクトがある場合はすごいええなと思うんですけど、逆もいろいろあるみたいですね。

 

特に思うのが、中途半端に強い選手が親御さんも含めてすっごいなんやろ、ストレス下にあるんかな?テニスでも起こるんでしょうけど、ブログとか書いたりSNSとかで発信して、みんなが見とるけ強くならんと!って頑張ってはみたけど、成長するにつれプロになるような子はやっぱいろいろちゃうなあ、どうしたら?みたいなのがすごい大変な感じが・・・。

 

サッカーってわりとプロ目指しやすいやないですか。各地域にそういうルートが整備されとるいうんかな。だからどこでやっとっても、そこから逃れられんとこありますよね。それのせいか、すっごい関わっとる家族全員、競争・優劣のストレス下に置かれとるように見えます。

 

テニスって、ごく一部の都市部を除いて、そんなんありえへんでしょ?都道府県大会上位や、優勝や、地域大会や、全国や・・・って目標はもちろん立てられますけど、プロや!ってのはよほど最初からテニスわかっとらんと、想像もつかんいいますかね。

 

逆にその部分はマイペースでやりやすい気がして、うっとこなんかも別にそんなん目指してへんし、あくまでも近所の子らと試合してお互いそこそこ勝てたらオモロイやろくらいなもんで。いろいろブロガーさんの書かれとる揉め事読んでも、コーチ・スクールもしくは親子の問題はかなり大変やけど、友達・ライバルとの問題は、テニスのはかわいいもんやなと。

 

ちょっと。なんやろ、熱すぎる場所も疲れるなって。いうてもただ少年サッカーのブログ読んどっただけですけどね\(^o^)/

 

テニスにしといてよかったわ、ってなんか。そんな朝です(笑)

強豪選手たち 小学生 中学生 硬式テニス

さてさてまああれです、強豪選手たちを自分のために分析しとこうかと。

 

どうも、shimamotoです。中の人はタスマニアたけしではないですよ(^_-)-☆

次男Hのライバルたちです。

 

上の世代 Rくん M上くん Nくん S上くん

前は三大天(御三家)やったのに一人メキメキ上達して四天王になってもーた(^_^;) 増えんなやww

Rくん安定型 M上くん重量ベースライン攻撃型 Nくん軽量ベースライン攻撃型 S上くんオールラウンド型

この世代はこの上の世代より強いので、ちょっと当たったら厳しいですね。この世代はこの世代で切磋琢磨しよるし。うーん正直一角を崩すことも難しい、のが現状やなあ。

 

同世代 Gくん Iくん Mくん Tくん GSくん

前は四天王やってんけど一人辞めて二人入って五大老に(^_^;) 増えんなやww

Gくんオールラウンド攻撃型 Iくんつなぎ型 Mくんオールラウンドバランス型 Tくんベースライン攻撃型 GSくんベースラインバランス型

強いけどここをどうにか切り崩して行かんことにはどーもならんですね。まあHにはその気は全くないんですが・・・。上の世代とこの世代は地域大会でも上位になりそうなので、今のところあまり付け入る隙みたいのは見えてこんですな・・・。またこの世代は数も多く、挙げとらん中にも多くの進化中の選手がおりよる(^_^;)

 

下の世代 Uくん Yくん (TGくん Sくん Bくん)

二人が双璧かと思います。まあまあ?って感じのTGくんSくんBくんもいてるけどUくんYくんには及ばん感じ。ここは層が薄いなあ・・・うちもこの世代やったらよかってんけど。

Uくんつなぎ型 Yくんベースライン超攻撃型

この2人は上世代とも試合ができる。加えて下の世代との試合はプレッシャーも強くかかってやりにくいですねえ。

 

Hは今年はこの辺の強豪たちと戦っていく感じかと。

 

Hの課題としてはまず他の選手と同じくらいの意気込みで取り組むことかな(^_^;)どう考えてもその意味では上記選手と差があるんですわ。

めっちゃヤバい補欠があるスポーツ 小学生 中学生 硬式テニス

テニスはある意味すごいええな!補欠があるスポーツってマジにヤバいっす(^_^;)

 

どうも、中庸なテニスで試合出場する子どもたちを持つ親のshimamotoです。相変わらず英作文テストみたいな日本語でスンマセンwww

いやあー、shimamotoって最近、サッカーブログに心奪われとるやないですかwwwこの浮気者!!!(爆)

 

でまあふだんはブログ村から読んどったんやけども、なんとなくこちらのブログを見つけましてですね。サッカーでいつもベンチの子供の親が本音で語る物語。このブログタイトルからして覚悟を感じますが。トモさんという方が書かれてます。

footballman.info

 

大体の内容に、shimamoto同意ですわ(>_<)ホンマ、同意しかないなーって感じで。ホンマ子どものスポーツなんてショウビジネスちゃうねんから、補欠制度なんかなくしたらええやん。

 

特にプロ志望でもない普通の子どもなのにスポーツやっとって試合出られへんかったらほぼ意味ナ!ってマジで思いますわ・・・。かくいうshimamotoも子どもんとき野球やっとって補欠的?あんまり試合出てへんしなんか上手い奴からのプレッシャーとかすごくてつまらんくてすぐ辞めたんですがwww

 

ま、それはおいといて、上記トモさんのブログ読んどってですね。ホンマ同意なんですが。

 

もちろんですね、補欠でも数年間頑張って、それが掛け替えのない経験になったお子さん、ご家庭、多数おられるとは思います。実際、そういったブログも読みましたし、感動もしたんです。

 

補欠でいることで、雑草魂的な社会経験や精神面での成長、そういったところがあるのは確かやと思います。が、

 

でもshimamoto的にはやはり!単にスポーツという観点から見て。試合の感覚、個人技ではないゲーム性というところでいえば、レギュラー以外が試合に出られん、そんなんほぼほぼうまくならんのに、タワシなら金なんか払うかいwwwww

 

って正直思いました・・・。こんなん、一部の上手い奴がさらに上手くなるために下手な選手が金出しとるようなもんやんけ・・・。って。補欠でも頑張っとる方々を軽んじとるわけではないんですが、もしかしてチームへの貢献とか、役割分担とか、都合のいい言葉に騙されとる場合もあるかなと思ってしまいました(もちろん、本当の意味で、その言葉通りの意味で使われとる場合もあると思いますが、そこは指導者次第かなと)。

 

いやそれ考えたら、テニスなんてエントリーは個人の自由ですからね!!!大きな大会はドロー数で足切りありますけども、それすら最近は人数減って、大体出られますしね。あとは予選本戦とかでやりくりしてますし。

 

試合に出たきゃ出られるテニスってすげくね?!

 

って思いました。ぶっちゃけ、コーチとか他所の親御さんに、まだこの子には早いとか言われたとしても、出ようと思えば出られますからね。しかもそういうことはあんま言われんですし(どちらか言うたら、デロデロ言われるwww)

 

いやわりとマジで、この点はホンマに個人競技はスゴイです。そもそも、例えばサッカーするいうたら基本、試合のことでしょう???サッカー習っとるのにサッカー出来へんとかマジ?みたいな。いやつまりですね、やっぱり弱くても試合に出て初めてわかることとかありますから、出られへんで何年もというのは、いくら強いチームにいても強くなるのが難しいように感じます。

 

もしですね、補欠があるスポーツの補欠制度のおかげでお金と時間だけ使って試合にも出られず、これは上位選手の養分でしかないのでは・・・???と疑問をお持ちになった場合は!!!テニスへ!!はっきり言って、試合に出られます(弱いとボロ負けしますけどw)。

 

はい皆さん、子どもにスポーツさせるなら

 

テニス!!!覚えといてくださいね(^_-)-☆

 

サッカーの場合でも、タワシは、トモさんのように補欠制度のないチームでやるのをオススメします!!!この記事が特に腑に落ちましたので貼っときます!!!

footballman.info

こちらの方のブログも良かったです。皆さん、かっこつけないとこがかっこいいですね。

ameblo.jp

Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。